ミュージックノーマリゼーションという考え

 当社は平成9年10月より㈱村林楽器店より営業譲渡を受けて ヤマハ特約楽器店として松阪地域にて音楽の普及の仕事に従事させて頂いております。

特に、音楽教室事業は、ヤマハ音楽教室 創業者の理念「すべての人々に音楽の歓びを」に共感、推進し 今日では主力事業となっています。  

 昨年 ヤマハ音楽教室の理念の創意を尊びつつ「すべての人々」の解釈を現代社会に対応すべく 高齢者及び障がい者の方々にまで拡げて音楽普及を行うことを決意致しました。

そして この精神を「音楽によるノーマライゼーション」と名付け、新規事業として日々研鑽しております。    

この新規事業は、平成21年度 三重県経営革新事業に認定され 平成22年度の財団法人三重県産業支援センター「地域コミュニティー応援ファンド」助成事業に認定されました。

又 関連会社 相可屋楽器店のCRS活動(企業の社会貢献事業)のライブ・スペースの毎月発表会(主催 ライブスペースの会 代表 吉田 豊氏 当楽器店 音楽療法講師)の活動が2010年 財団法人ヤマハ音楽振興会「地域音楽活動助成事業」に認定されました。

今後の さらなる発展にご期待ください。    

 

                                                                                                   

                             平成22年3月1日

                                             

                           村井楽器株式会社 

                           代表取締役  村井政樹